2016年07月21日

デジタル一眼レフカメラの構造と作動

デジタルカメラによる撮影は、光を電気信号に変える撮像素子を使って行いますが、
一眼レフカメラでは、撮影用のレンズを通した映像を光学ファインダーで見ることが出来ます。


一眼レフカメラの「一眼」とは、撮影するレンズと光学ファインダー用のレンズが同じであるという意味で、「レフ」は「光を反射する」という意味の「レフレックス(reflex)」の略です。


すなわち、レンズを通った光を光学ファインダーに導くためのミラーが、レンズを通過した光を上方に反射しますが、この光を反射するミラーがあるために「レフ」と呼ばれるのです。


ミラーで上方に反射した光は、ファインダースクリーンに当たります。ファインダースクリーンを通過した光は、ペンタプリズム又はペンタミラー内を通ることで、ファインダー接眼窓へと進んでいくため、撮影用のレンズを通した映像を光学ファインダーでダイレクトに見ることができるのです。


そして、シャッターボタンを全押しするとミラーが上がり、レンズを通った光はシャッターへとまっすぐに進みます。


同時にシャッターが開いて撮像素子に光が当たって画像を撮影します。次に、シャッターが閉じると、ミラーが元の位置まで降りてきます。


こうして、シャッターの動きとミラーが連動することによって、レンズを通過した光をファインダースクリーンに映したり、撮像素子に当てたりしています。


なお、デジタル一眼レフカメラには、液晶モニターに映像を映して撮影ものもありますが、この機能をライブビューと呼びます。


ライブビューのときは、ミラーが上がるため、ファインダースクリーンに光が当たらなくなってり、ファインダー接眼窓を覗きながら撮影することはできません。


カメラ【デシカメ・防犯・監視】通販ショップ
posted by privres at 09:57| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。